インナーパラソル16200と他製品の比較

インナーパラソル16200とリブランコートを徹底比較!効果・口コミ・成分?

更新日:

美容に敏感な人の間で手軽に飲んで日焼けを防ぐ効果が期待できると話題のインナーパラソル16200とリブランコート。本当に効果はあるの?安心して飲める成分?口コミはどうなの?そんなインナーパラソル16200とリブランコートを配合成分、効果、愛用者の口コミから徹底比較します。

▼▼クリック▼▼

管理人はインナーパラソル16200がおすすめ!
早く安く購入したい人は以下のサイトからできます。

今すぐクリック↓↓して見てみてくださいね!

 

紫外線による肌老化を防ぐ仕組み

紫外線がもたらすお肌へのトラブルとは?

 

紫外線は波長の長さが違うUV-A、UV-B、UV-Cに分類でき、日焼けの原因となるのがUV-B、しみなど色素沈着の原因となるのがUV-Aという光線です。人体に有害な物質が含まれているこの光線を浴びることで、有害物質から身体を守ろうと体内で活性酸素がどんどん作られていきます。

このように活性酸素は体内に侵入してきた有害物質から体を守る働きがありますが、強力な殺菌作用を持つがために紫外線を浴びて体内に過剰な量の活性酸素が作られてしまうと体細胞に大きなダメージを与えることとなり、お肌のトラブルにつながっていってしまうのです。

 

お肌を老化させてしまう活性酸素

身体をばい菌などの有害物質から守ってくれる一方で、増えすぎると厄介物になってしまう活性酸素。

そんな活性酸素から受けるダメージを緩和してくれると期待されているのが、メラニン色素を作るメラノサイトという成分です。

肌が日焼けして黒くなるのはメラニン色素が酸化することで肌細胞への被害を防いでくれていたという証拠なのですが、このメラニン色素も活性酸素同様に体内で増えすぎるとシミの原因となってしまう厄介者なのです。

これは新陳代謝が追いつかずに肌内部に残ってしまった黒い色素が、シミとなってお肌の表面に出てくるからです。歳を重ねるごとにシミが気になってくるのは、新陳代謝の機能がどんどん弱くなってしまうために起こるトラブルなのです。

そのため飲む日焼け止めサプリメントには過剰に作られる活性酸素を抑えること、そしてシミの原因となるメラニン色素の生成をブロックする成分が含まれているということが重要です。

そこで注目したいのが、活性酸素の働きを抑えるニュートロックスサンという成分です。

ニュートロックスサンとは、ローズマリーとシトラスから抽出された植物由来の成分で体内で生成された活性酸素の排出を促してくれる働きがある今美容業界で大注目の成分です。多くの飲む日焼け止めサプリメントにはこの成分が含まれているのですが、選ぶ時にはこのニュートロックスサンがどれだけの量を配合しているかを必ずチェックしましょう。

 

インナーパラソル16200とリブランコートの違いを比較します

今回比較する飲む日焼け止めサプリメント、インナーパラソル16200とリブランコートはもちろんどちらにも紫外線を防止する成分が含まれていますが、日焼け防止効果に違いはあるのでしょうか?

両者の内容成分に注目してみます。

 

インナーパラソル16200の成分とお肌への効果、口コミ

インナーパラソル16200の1番の特徴は、1日たった2粒飲むだけで1日の摂取推奨量である250mgのニュートロックスサンを摂取できるというところです。

これは他の飲む日焼け止めサプリメントと比べても圧倒的な量の成分が配合されています。

日本ではサプリメントの中にたったの1㎎でも成分が含まれていれば○○配合商品と販売することができてしまうのですが、インナーパラソル16200の商品パッケージに記載されている日傘のオリジナルロゴマークはニュートロックスサンを250mg以上配合していないと使用できない特別なロゴマークなのです。

このマークこそが、インナーパラソル16200がニュートロックスサン高配合商品であるという証となっています。

その他にもダメージを受けたお肌の修復に役立つビタミンCや、乾燥などの外敵刺激からお肌を守ってくれるパイナップル由来の保湿成分パインセラなど美しいお肌に導いてくれる成分がインナーパラソル16200にはたっぷりと配合されています。

ニュートロックスサンが高配合されていることで、日常生活だけでなく、海や山など夏のアウトドアにお出かけする機会のある方でも安心できると話題です。

日傘サプリの名の通り、徹底的に紫外線からお肌を守りたい人におすすめのサプリメントです。

 

リブランコートの成分とお肌への効果、口コミ

 

リブランコートには、食べるコスメと呼ばれビタミンCの600倍の抗酸化力を持つ松の樹皮から抽出されたフラバンジェノールやスーパーフードとしてお馴染みのアサイー、女性に嬉しい成分がたっぷりとふくまれているザクロ、お米から抽出したうるおい成分セラミドなど植物のちからをぎゅっと濃縮した成分が含まれているところが特徴です。プラセンタ、ヒアルロン酸も含まれており、継続して飲むことで日焼け防止の効果だけでなく、お肌のハリ・透明感などのスキンケア効果も期待できます。

薄着になる前のうっかり日焼け防止にプラスしてホワイトケアもできるところが気に入ってるという声が多いです。外出が多い方や紫外線を多く受けるアウトドアの前など、さらに効果を実感したい方は1日4粒(2倍量)飲むのがおすすめです。

 

インナーパラソル16200とリブランコートの価格を比較します

飲む日焼け止めサプリメントは、毎日コツコツ飲み続けることで効果を発揮するものです。

どちらの方が長く続けやすいのか、購入価格を比較してみます。

インナーパラソル16200

内容量:60粒入り(1日2粒、30日分)

初回:990円

2回目以降(定期コース):5600円(定価の20%OFF)

継続回数:3回以上

1日あたりのコスト:186円

3ヶ月間飲み続けた場合:12190円

 

リブランコート

内容量:60粒入り(1日2~4粒、約1ヶ月分)

初回:1975円

2回目以降(定期コース):4740円(定価の40%OFF)

継続回数:なし

1日あたりのコスト:158~316円

3ヶ月間飲み続けた場合:11455円

 

送料はどちらも無料です。

インナーパラソル16200は初回のみ安く購入できるものの、3ヶ月継続していくとリブランコートの方が835円安く購入することができます。

ですがインナーパラソル16200は、1日たった2粒飲むだけで日焼け防止に十分な量のニュートロックスサンを摂取できると考えるとそこまで値段の差は気にならない、というのが管理人の感想です。

 

インナーパラソル16200とリブランコート本当におすすめなのはどっち?

インナーパラソル16200 リブランコート
購入価格 初回:990円

2回目以降:5600円

初回:1975円

2回目以降:4745円

1日の摂取量 2粒 2~4粒
1日あたりのコスト 186円 158~316円
配合成分 ニュートロックスサン:活性酸素をコントロールして日焼けをブロック

パインセラ:パイナップルから抽出した潤い成分

コプリーノ:シミを防ぐダメージケア成分

ビタミンC:ダメージ肌の修復と美肌に欠かせない

ビタミンP:ビタミンCの働きをサポート

フラバンジェノール:抗紫外線&抗酸化力

レッドオレンジ抽出物:ビタミンCに負けない強い抗酸化力

ザクロエラグ酸:透明感&ホワイト効果

米グルコシルセラミド:潤い成分

ビタミンA・C・E:紫外線から体を守る

 

 

 

1袋の単価だけを見ると安く購入できるリブランコートの方が勝ち。

成分や効果を見ると、徹底的に日焼けを防ぎたい場合にはリブランコートは4粒飲まなければならず、2粒と少ない量で1日に必要なニュートロックスサンを摂取することができるインナーパラソル16200の方が紫外線対策は優れています。

どちらも飲むだけで手軽に日焼け止め対策ができるいいサプリメントですが、

紫外線対策により効果的な飲む日焼け止めサプリメントはインナーパラソル16200です。

インナーパラソルを試してみるのは以下のサイトでできます。

クリック↓↓!

-インナーパラソル16200と他製品の比較

Copyright© インナーパラソル16200(飲む日傘)の成分は危険?最安値990円より安い購入方法は?効果・口コミ・飲み方の徹底解説! , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.